重版出来第10話(最終回)動画視聴・見逃し再放送はこちら!

U-NEXT

こんにちは!ポンタです。

いつも当ブログに訪問していただきありがとうございます。

今回は『重版出来第10話(最終回)』について違法なことをせず、公式に視聴する為の方法について詳しく解説していこうと思います。

もう、そんな方法は知ってるよ!という方は、以下のサービスより進んでいただければ視聴できます!

ゴジラ

『重版出来』を安全に公式で視聴するサイト

U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドで、映画、ドラマ、アニメといった様々な新作から名作まで充実しているサービスです!

しかも、その登録作品数はなんと驚きの8万本以上!

映画に関しても、まだレンタルビデオ店でレンタルがスタートする前から見ることができますので、映画に観に行くことができなくて見逃した!というあなたにはピッタリのサービスです。

また、連続ドラマに関してもかなり早いタイミングで最新話がアップされていますので、仕事や予定があって見逃してしまったドラマを見ることができるのも良いですね!

それだけではなく、登録して31日間視聴することができますので安心ですね♪

U-NEXT公式サイト

『重版出来』の放送日・放映日

2016年4月12日(火)~ 毎週火曜日 夜10時から

第10話(最終回) 6月14日(火)22:00~

『重版出来』のあらすじ・ストーリー

舞台は、週刊コミック誌の編集部。
何者でもない人が「漫画家」になる。その才能を支える編集者たち。
彼らは、「一冊の漫画」という夢のために、ひたむきに全力で仕事に取り組んでいた。ひとつの「漫画」が人生を変えるんだ。それを多くの人に届けたい… その「漫画」を重版出来させたい…重版出来(じゅうはんしゅったい)・・・それは、初版と同じ版を使い、同じ判型、装丁にて刷りなおすこと。つまり、売れた漫画ということ。そこに足を踏み入れたのは、新米編集者・黒沢心。

「今の自分が、心から熱くなれる場所は、ここしかないと思いました!」
まっすぐな彼女の人間力と持ち前の勘は、やがて皆を動かしていく。

働く全て人にエールを贈る、まさに本気で働く人たちの「想い」をこめた極上のお仕事ヒューマン群像劇です。

『重版出来』を公式で見る為には

連続ドラマの再放送ってどうやって見ていますか?

私は今までであれば、DVDレコーダーやBlu-rayレコーダーに録画をして、それを帰ってきてから再生して見る。という方法を取っていたのですが、面倒臭くなってやらなくなりましたw

というのも、そもそも録画をすること自体忘れてしまったりするからですね汗

じゃあ、ネットで無料で見れるかな?と思って調べてみても、なんか怪しい海外サイトにアップロードした動画とかを見つけることがあったのですが・・・

知り合いから聞いたら、見る方も違法だし、変なウィルスがPCに感染しちゃった〜という人もいました。

だから、『重版出来』を公式に無料で安心して視聴したい場合はU-NEXTの31日間見逃し配信キャンペーンが断然お得で安心なんです!

しかも、登録時にポイントをもらえますので、他の最新映画に充てて見ることもできちゃうんですね。

最新映画といえば、レンタルビデオショップで借りようと思っても、放映終了後の半年後とかになるので、一番見たくて友達とかと話をしたくても熱が冷めて話題に乗り遅れてしまいますよね。

でも、U-NEXTであればそれよりも早く見ることができますのでとても便利なんです!

U-NEXT公式サイト

U-NEXTで見れる今季話題の最新ドラマ情報は?

U-NEXT公式サイト

U-NEXTであれば、最新の話題作ドラマを見ることができるのですが、例えば今流行りのドラマといえば・・・

【月曜日】

〇ラヴソング

【火曜日】

〇重版出来 〇僕のヤバイ妻

【水曜日】

〇世界一難しい恋

【木曜日】

〇グッドパートナー~無敵の弁護士~ 〇早子先生、結婚するって本当ですか?

【金曜日】

〇ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~ 〇私 結婚できないんじゃなくて、しないんです

【土曜日】

〇お迎えデス

【日曜日】

〇99.9-刑事専門弁護士ー 〇OUR HOUSE~わたしたちのいえ~ 〇ゆとりですがなにか

などが放送されます。

『重版出来第10話(最終回)』のちょっとしたネタバレや魅力について

心(黒木華)の熱いプレゼンにより、連載決定会議で連載を勝ちとることができた中田(永山絢斗)の「ピーヴ遷移」。最新話が掲載された途端、瞬く間に話題をさらい、高畑(滝藤賢一)をはじめとする人気漫画家からもその類まれなる異才っぷりを嫉妬されるほどだ。

単行本の発売に向け、五百旗頭(オダギリジョー)、安井(安田顕)、壬生(荒川良々)らバイブス編集部員や、営業部の小泉(坂口健太郎)も自ら中田のサイン会を考案するなど、一丸となり中田のデビューをサポートしてくれている。

そんな中、母親のような心の心配をよそに、寝食を惜しみ身を削って作品に没頭する中田は、精神的に作品の世界にのめりこんでしまう。「誰かがこちら側に繋ぎとめてあげないと」という三蔵山(小日向文世)の言葉を胸に、心は中田のためを思い厳しく接するが、そんな心の態度に激高し避けるように…。互いに夢を叶えるべく順調にいっていたはずの2人の間には、亀裂が生じてしまう…。

一方で、受賞すると漫画の知名度と売り上げが格段に上がる、近代芸術文化賞の漫画部門大賞の選考が始まった。巷では、大賞はバイブスの「ツノひめさま」かライバル誌エンペラーの「ヒッチポッチ」かと噂されており、「ツノひめ」の受賞を狙うバイブスは、全力で作品を大プッシュしている。

そして大賞発表当日、編集長・和田(松重豊)のもとに一本の電話が入る—。

U-NEXT公式サイト

シェアをして応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

ドラマや映画、ゲームなど皆さまの空いた時間を 有効活用できるよう応援いたします! ドラマや映画の見逃し、ゲームの期間限定攻略など タイミングを逃した...期間中に間に合わない...を応援! まだまだ未熟な部分もありますが、みなさんと一緒に楽しい時間を共有できるよう頑張りますので、ヨロシクお願いしますm(_ _)m